借金も相続するの?

限定承認、相続放棄で負債の相続をせずに済みます

相続とは不動産や現金などの財産のほかに借金なども自動的に引き継ぐことです。

亡くなったひとが生前に借金をしていた場合や連帯保証人になっていた場合、金融機関等から亡くなったひとの相続人に対して借金の返済を求めてきます。
自分とは関係のない借金でも相続によって支払い義務が生じてしまいます。

しかし、マイナスの財産(借金等)がプラスの財産より多い場合には、限定承認相続放棄といった手段を取ることで負債の相続をせずに済みます
この手続きには期限(自分のために相続の開始があったことを知ったときより3箇月以内)が定められており、早めの対応が必要となります。
限定承認・相続放棄のどちらの手続きを行う場合にも、専門的な知識が必要です。
どちらの手続きを取るかの判断についても同様です。
相続放棄さえしてしまえば大手の銀行であろうと税務署であろうと故人の残した借金の支払いに応じる必要は一切なくなります。
この相続放棄ですが正式な手続をふまなければ法的に認められません。

相続放棄をするためには

どうやって相続放棄をするには家庭裁判所へ「相続放棄する」と申述(申し立て)する必要があります。

家庭裁判所へ相続放棄の申述するためにはいくつか注意点があります。

  1. 相続放棄をするためには、自分が相続人であることを知ったときから3ヶ月以内
    家庭裁判所に申述をする必要があります。
  2. 相続人のうちの誰かが相続放棄をすると、法律で定められた相続の順位が変わって
    しまうことがあります。これによって、知らない間に自分が相続人になっていて、
    借金返済の義務が課せられてしまう、というようなこともあります。
  3. 相続する財産を選ぶことはできません。
    (特定の財産だけ相続し、他の相続放棄する、というようなこと)

つまり「全て相続する」か「全て放棄する」ことのどちらかしか選ぶことができません。

自分の家族や親戚などが、莫大な借金を作っているなどの話を聞いたことがあるのなら特に注意が必要です。
疎遠な親戚の相続が自分に発生し予期しない借金を背負ってしまう。その返済に追われるようになってしまっては大変です。

このような場合には相続放棄の専門家である司法書士に調査を依頼されることをお勧めします。

相続放棄申請に必要な書類

  • 亡くなった方の戸籍謄本
  • 亡くなった方の住民票(または亡くなった時点の住所が分かる戸籍の附表)
  • 相続放棄する人の戸籍謄本
  • 相続放棄申述書
  • 収入印紙800円
  • 郵便切手

※ 基本的には上記のもので十分ですが、場合に応じてはこれ以上に必要となる場合があるために、注意が必要です。

借金も相続するの?土地・建物の相続手続き
相続するのはだれ?
遺産分割の方法
相続には期限があるの?
成年後見とは?