各種相続手続に利用することができる法定相続情報証明制度

平成29年5月29日(月)から,全国の登記所(法務局)において,各種相続手続に利用することができる「法定相続情報証明制度」がスタート!この制度を利用することで,相続手続きで戶籍謄本の束を何度も出し直す必要がなくなります。
①申出(法定相続人又は代理人)
  1. 1 市区町村の窓口で戶除籍謄本等を収集します。
  2. 2 法定相続情報一覧図を作成します。
  3. 3 所定の申出書を記載し,①-1,-2の書類を添付して登記所に申出をします。

 

②確認・交付(登記所)
  1. 1 登記官による確認,法定相続情報一覧図の保管
  2. 2 認証文付き法定相続情報一覧図の写しの交付,戶除籍謄本等の返却

 

③利用
各種相続手続へお使いください。
(戶籍の束の代わりに各種手続において提出することが可能に)
  • 預金口座がいくつもある場合にお勧めです。手続が同時に進められ,時間短縮につながります。
  • 時間がなく,戶籍の収集や一覧図の作成が面倒な場合は,専門家(弁護士,司法書士,土地家屋調査士,税理士,社会保険労務士,弁理士,海事代理士,行政書士)に依頼することも可能です。

法定相続情報証明制度