土地・建物の相続手続き

土地・建物の相続手続き(不動産の相続)

相続によって不動産を取得した場合、名義変更の登記をします。すぐに登記をしなければ登記ができなくなる、罰せらるといったことはありませんが、名義を変更せずに放置していると以下のリスクがあります。

  • 相続した不動産を売却しようと思ったときに売却できない
  • 相続した不動産を担保に住宅ローンを組むことができない
  • 名義変更をしないうちに相続人の一人が亡くなると、亡くなった相続人の相続人全員のハンコが必要となり状況が複雑化する恐れがある

 
また、不動産を「相続人中の1人の単独とする場合」等には必ず、相続人全員で遺産分割協議をしなければなりません。
遺産分割協議が完了しないままでは相続した不動産を売却するだけでなく不動産の名義を相続人名義変更することもできないのでご注意ください。
罰せられることがないならいつでもいいと思われる方もいらっしゃると思いますがトラブルになってからは遅いのできちんと相続登記をしましょう。

相続の基礎知識