多数の相続人がいる場合の対応

相続人が多数となる場合とは

相続人が多数となる場合には、例えば祖父名義の不動産が残っていて、子供たちが死亡し、相続人が孫または曾孫世代が相続人となる場合があります。

相続分の譲渡

あまりにも相続人が多人数になる場合には、個々の相続人と交渉して相続分を買い取る(相続分の譲渡を受ける)ことがあります。相続分の全部を譲渡した相続人は、遺産分割調停を申し立てをする際に当事者に加える必要がなくなりますので、人数 が少ない分だけ調停の負担が軽減されるといえます。

相続分を譲渡する側の注意点

相続分を譲渡しても、相続債務を免れるわけではありません。そのため相続分を譲渡する際には被相続人の債務の有無について慎重に検討する必要があります。

 

電話番号022-349-5339