連年贈与に関して

基礎控除額以下であれば課税されないはずの生前贈与ですが、贈与税を払わなければならないケースがあります。
毎年同じ金額の贈与を何年も続けていくことを連年贈与といいますが、生前贈与が連年贈与とみなされた場合には、課税の対象となってしまいます。
たとえば毎年110万円の生前贈与を10年間行った場合、

110万円×10年=1,100万円

1,100万円の財産を贈与する意思があり、それを分割贈与したとみなされるのです。
このように、基礎控除という制度をうまく利用しても、やり方次第では後で課税されてしまうというケースもありますので、専門家からのアドバイスを受けることをおすすめします。

 

電話番号022-349-5339