配偶者にマイホームをプレゼントしたケース

長年連れ添われた資産家のご夫婦からの相談でした。会社もいくつか経営されており、それらの株式や不動産は息子たちに遺贈させるが、愛着のあるご自宅は、奥様に遺贈させたいがいい方法はないかとのことでした。

当事務所からのご提案

婚姻期間が20年以上である夫婦間で一定の要件を満たされていて、自宅又はそれに類する贈与に限り、2,000万円まで贈与税がかからない、「贈与税の配偶者控除の特例」という規定があります。
そこで、当センターは、この「贈与税の配偶者控除の特例」をご提案し、了承をいただき、早速、配偶者間で贈与契約を締結し、名義変更を行いました。また、登記手続きについては、当センターからご紹介した司法書士にお願いすることにしました。提案から実行まですべてをサポートさせていただくことで、安心されたご様子でした。

 

電話番号022-349-5339