銀行預金の名義変更に行ったら、書類が足りないと言われて困っている

銀行預金の名義変更(解約)相続手続きには以下の書類が必要になります。

  • 預金通帳、キャッシュカード
  • 被相続人の戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍
  • 銀行所定の用紙
  • 事案によっては他の書類(遺産分割協議書、委任状等)
  • 相続人全員の戸籍謄本
  • 相続人全員の印鑑証明書

印鑑証明書や相続人の戸籍謄本は3ヶ月以内のものが求められることが多いです(不動産相続の場合は印鑑証明書の期限はなし)。

上記必要書類を揃え銀行の窓口に提出することになりますが、提出してもその場で解約は通常できません。
提出してから銀行の処理が完了するまで通常1,2週間程がかかります。

なお、書類を提出の際に原本を返して欲しい旨を伝えると、銀行で全てコピーを取った上で返却してくれます。銀行によっては印鑑証明書のみ原本の提出を求めるケースもありますので、原本の返還を希望する際は各銀行へ確認したほうがいいでしょう。

法律では、法定相続人がそれぞれの相続分に応じて預金についての権利を取得することとなります。よって、自分の法定相続分に応じて預金も個別に払戻し請求できるはずです。

しかし、実際の銀行の運用実務は違い、自分の相続分を請求したとしても、通常は銀行は払い戻しに応じてくれません。これは、法律を無視した銀行側の都合で、万が一の争いに巻き込まれたくないといった銀行側の考えによるものかと思われます。

実際問題として銀行の対応が上記のことから、各銀行側の手続きに従って行わないと払戻しできないことになります。相続人の遺産分割協議がまとまらない場合は、自分の相続分のみの解約など、一部だけの解約はできないのが現状です。

 

電話番号022-349-5339